医療法人 日の出会
理事長あいさつ



サンライズ壱岐理事長竹嶋 日の出会
理事長
竹嶋 康弘

大切にしているのは、

支え合う気持ち。


医療法人日の出会の歴史は、1977年、「タケシマ整形外科医院」が福岡市西区野方の一角で産声を上げた時に始まりました。
当時は周囲には田畑が残り、住宅地も造成中。医師としてまた人間としてもまだまだ未熟であった私は、少ないながらもスタッフ達とその家族達を抱え、やる気と不安が交錯する中での船出でした。スタッフ達もきっと同じ想いだったことでしょう。開業初日、そんな私達の元にお出で頂いた患者様の数は20数名。私達は、心から感謝の気持ちで精いっぱい診療に当たらせて頂いた事を覚えています。その甲斐あってか口伝えで50、100、200名と患者様が増えてきました。その間に地域の開発も進み、タケシマ整形外科医院も「医療法人タケシマ整形外科医院」と法人化。1994年に「介護老人保健施設サンライズ壱岐」、2001年に「グループホームひだまり」を開設、「医療法人日の出会」と名称を変え、まさに地域の発展と共に成長して参りました。これまでご支援いただいた皆様方、患者様方、そしてまさに身体を張って共に頑張ってきた職員には深く御礼を申し上げます。

現在、日本という国はかつていかなる国も経験し得たことのない、少子高齢化社会に直面しています。高齢者人口は、2015年には総人口の4分の1、2025年には3分の1を超える事が推計されています。これまで成長を重ねてきた私達の地域も決して例外ではありません。私ども医療・介護を掌る人間はこの状況に怯むことなく対峙し、地域の皆様が安心・安全に暮らして頂ける社会を築くよう努力しなくてはなりません。勿論、それは私どもの小さな力だけでできる事ではありません。私達医療・福祉人のみならず、行政・そして地域の一人ひとりの方々の御協力が必要です。私自身、これまで育んで頂いたこの地域にこれまでのお返しをしたいと考えています。

人の命はやがて尽きますが、社会は継承されまた新しい世代が育っていきます。医療法人日の出会はこれまで日本の国を支えて来られた高齢の方々をご支援すると共に、次の世代が安心して暮らしていけるよう、医療・福祉の分野を通じて「地域社会に安心と安全を提供する」ことを志として、職員一同これからも歩んで行きたいと思います。